1. >
  2. >
  3. カエルのメッセージ

カエルのメッセージ

20190918075059.jpg昔、長野駅前にお店を出していた時のこと、
店先の植木鉢に住み着いた、一匹のアマガエルがいました。
色は綺麗な緑色で、とても小さくて可愛いアマガエルでした。
季節は蒸し暑い夏。
お日様がカンカン照りの日は、カエルさんが心配になって、
私は、水浴びができるように、植木鉢に小さな器を入れました。
お店のスタッフ全員で優しく見守り、人通りの多い街中の植木鉢の中でも、カエルさんは平和に暮らしていました。

ある日、仕事の休憩時間に外の空気を吸いに出ると、カエルさんが植木鉢から飛び出して窓枠に座っていました。
するといつも綺麗な緑色の身体が、窓枠の黒色に馴染むように、グレー色に変わっていました。

炎天下の黒色の窓枠では、暑過ぎるので、私は植木鉢の中に戻してやりました。
でも、また翌日も黒色の窓枠に座っていました。
どんどん、グレー色が濃くなって、綺麗な緑色の面影がいつしかなくなってしまいました。

ふっと、私の耳元で囁くように、メッセージが下りてきました。
「環境は大事だよ!!」
守護天使や、ご先祖様のメッセージは、いろいろな形でやって来ます。
私は、時々動物からそのメッセージを受け取ります。
鳥からが一番多いのですが、蛇とか、愛犬を通じてメッセージを受け取ることがあります。
20190918075737.jpg
この時、受け取ったメッセージは、
「カエルの保護色のように、人間も環境が知らず知らずのうちに、人格やその人の波動をも変容させるから気をつけてね!」

カエルは、まわりの環境に応じて身体の色を変えます。
草地で緑色をしているアマガエルも、沼地や土の上いいる時は黒っぽくなります。
鳥などの外敵の目をくらますために周りと同化しようと、環境の変化に応じてホルモンが働いて色が変わるそうです。

人間は、カエルのようには肌の色は変わらないけれど、環境に応じて言動や思考を変化させて保護している生き物かもしれません。
でも、長期になると、環境や周囲のエネルギー(波動)と同化して、区別がつかなくなるものだと思います。

だから、自分らしさが輝ける居場所を選んだり、心地よい波動で付き合える気持ちの良い人間関係の中で暮らすことはとても重要です。
環境に適応するために保護色でコロコロ自分の色を変えるのではなく、
本来の自分の色をちゃんと知って、その色を大切にする生き方ができる大人でありたいです。

そのアマガエルは、ゲリラ豪雨の夕暮れ時、メッセージを残して去っていきました。

ブログに使用させて頂いた写真は、友人であり、HALE PLUMERIAの長年のお客様でもある今井晶子さんが撮影したものです。
10月に今井ちゃんの写真展が長野市で開催されます。
とてもピュアで優しさに溢れた作品展ですので、是非足を運んでみて下さい。
写真展「カエルとおとぎの世界へ」
期間 2019/10/11(金)〜10/15(火)
時間 12:00〜19:00(最終日は16:00まで)
場所 アクアリウムカフェ 珈琲倶楽部 寛

facebook

カテゴリー

このページのトップへ