1. >
  2. >
  3. 人生の宝物探し「セイクリッド・ミラクルゲーム」 

人生の宝物探し「セイクリッド・ミラクルゲーム」 

20170106075929.jpg
SACRED SPIRIT MIRACLE ~聖なる魂の奇跡のゲーム~


2018年の締めくくりに、自分と向き合い潜在意識にアクセスし、人生に変容をもたらす「聖なる奇跡のゲーム」を開催します。
目標に近づくためのヒントを知りたい方、人生の転機を迎えている方、何か変化を促したい方にお薦めです。
2018年12月7日は、大安+母倉日+大明日+神吉日と大変縁起の良い開運日でもあります。新たな年に向けて流れを変えたい方には、とても良いターニングポイントの日になることでしょう☆

※この日以外でも、ご相談に応じて2名~4名様でご予約をいただければ開催可能です。
日程 12/18 (火曜日) 
時間 am10:00~ pm16:00
            
参加費 お一人さま 14,000円 
(ランチ・お茶・ニュージーランドフラワーエッセンスのブレンド付)

20160212200559.jpg
★終了時間が多少前後する場合があります。
★途中1時間のランチタイムとティータイムを含みます。
20160212201233.jpg
        ヘルシーな手作りランチ付き。
   お昼をはさんで、1日かけて行います


セイクリッド・ミラクルゲーム は、 自分と向き合い、気付かなかった自分の本質を理解し、必要な変容を促してくれます。
人生においての、目標の実現を力強くサポートしてくれます。
あなたの聖なる魂を育む「人生の旅路」において、奇跡がやってくることを願って 
「セイクリッド・ミラクルゲーム」と名付けました。

< ゲームの概要 >

ゲームではまず最初に「今人生で実現したい目標」を設定します。
それからサイコロを振りゲーム盤を進んでいくと、

・あなたがすでに持っている強み
・今取り組んでいる課題
・それを乗り越えるための新しいアイディア
・あなたの中にある資質、才能

といったことが浮かび上がり、今わたしたちの人生で何が起きているかが明らかになってゆきます。
ゲーム盤の上にそれぞれの人生が展開していきます。
自分の内側がどんどん変化しているのに気がついていきます。
ゲームが終了するころには、あなたの内側で《変容》への準備ができているのを感じていただけることでしょう。
その変容をサポートするためのフラワーエッセンスボトルをお一人お一人にブレンドし、お持ち帰りいただきます。

~セイクリッド・ミラクルゲームの説明~

北スコットランドにある、イギリスの国連も認めたエコビレッジのフィンドホーン。
このスピリチュアルな村で誕生した人生に変容を起こす、楽しくて奥深いリアル版変容人生ゲームがあります。
そのゲームとはトランスフォーメーションゲーム。
HALE PLUMERIAのセイクリッド・ミラクルゲームはこのトランスフォーメーションボードを使っていきます。

このゲームを1回するだけでフィンドホーンの3年分の体験ができるとまで言われているとのこと(^-^)

私にとって「癒し」とは「気付き」のように感じています。
「気付くと、浄化されて流れていく・・・」そして「古いものを手放すと、新しい扉が開く」そんな感じです。
そんな気付きと癒しを促してくれるゲームを、多くの人と分かち合えたら楽しいなと思いミラクルゲームワークショップを定期的に開催することにしました。
セイクリッド・ミラクルゲームは遊び感覚でありながら、あなたの人生における鍵となる課題を理解するサポートの一つになることでしょう。
グループセッションなので、他の参加者の方の気付きとの相互作用で更にあなたの中に化学変化の様な大きな気付きが起きることでしょう。全てが必然で起きています(*^_^*)       ~HALE PLUMERIA 中島 彰子~

< 体験者感想 >
Hさん「過去の自分や、思いを隠していると、ゲームが進まなくなったり、さらけ出すとどんどん気付きが生まれたり・・・不思議な力に導かれている感じがしました。自分の魂に語りかけ、実に有意義な一日でした。」

Rさん「ゲームでありながらも、奥深い気付きが得られました。日頃、自分が感じたり、思っていたことへの答え合わせになったり、まだ気づいていなかった分野についての意識を深めるきっかけになりました。」 

Mさん「前日まで自分の中にあったモヤモヤが嘘のようにすっきり晴れました。本当にすごい体験でした。この感覚を忘れずに、今を大事にしたいです。」

Aさん「とても面白かったです。いろいろなメッセージがあったけれど、どれもその通り!エモーショナルレベルであんなに停滞したのも頷けます。自分を開放して、浄化して、自由になりたいです。」

facebook
このページのトップへ